VGMdb
Discuss (2) | Edit | Feed

HEAVY METAL RAIDEN Demo CD

HEAVY METAL RAIDEN デモ CD
Catalog Number N/A
Release Date Aug 04, 2012
Publish Format Doujin/Indie, Event Only
Release Price 1000 JPY
Media Format CD
Classification Arrangement
Published by HEAVY METAL RAIDEN
Composed by Go Sato / , Yuji Takemitsu /
Arranged by Kazushi Tsurukubo / , WASi303, Go Sato /
Performed by HEAVY METAL RAIDEN

Tracklist

Disc 1

01 All or nothing (Raiden II - Level 3) 3:52
02 Flap toward the hope (Raiden II - Level 7) 5:08
03 Dawn of sorrow (Raiden III - Level 3) 3:54
04 Advantageous development (Raiden IV - Level 5) 3:19
05 Can't retrace (Raiden IV - Level 2) 4:20
06 A stormy front (Raiden IV - Level 1) 3:22
Disc length 23:55

Notes

All music composed by Go Sato, except track 4 by Yuji Takemitsu.

Arrangement:
    Kazushi Tsurukubo: 1, 3
    WASi303: 2
    Go Sato: 4~6


[HMR Demo CD Commentary]
【HMR デモCD楽曲解説】

■All or nothing(雷電II/LEVEL3)
キーボードの鶴窪さんがアレンジ担当、
レインボーとかあの辺のバンドを彷彿させる様式美メタル曲。
各パートがバランスよくテクニカルですが、
豪さんの原曲を大事になぞっているのがポイント。
ギターソロは2部構成で前半がWASi303さんで
後半を僕が弾いています。
80年代ギターヒーローがもし雷電の曲を弾いたら!?
というテーマの元、ベッタベタの
早弾きをやらせていただきました(笑)

■Flap toward the hope(雷電II/LEVEL7)
WASi303さんがアレンジ担当。WASi303さんは
現状のゲームコンポーザーの中でも一番ギターリフ作るのが
上手いんじゃないか!?と思わせるほどハードかつメロディアスな
イントロがカッコイイ。鶴窪さんの弾くキーボの音色も良い感じ。
終盤のギター(WASi303)~キーボ(鶴窪)~ギター(イケダミノロック)の
ソロ回しが70年代ハードロック的で渋いので、
この曲はHMR版のスモークオンザウォーター的
位置付けかもしれませんね。
僕の最後のパートは70年代ロックよろしく
完全アドリブで弾きました! ペンタトニックフロムヘルです(笑)
このジャムってる感が良いんですよ。

※こちらの曲は16SHOTSさんでの
LIVE宣伝番組放送録画中に流した
テイクが聴けます(01:21:47辺りです)
http://www.ustream.tv/recorded/21760885

■Dawn of sorrow(雷電III/LEVEL3)
鶴窪さんアレンジ担当の、ゲイリームーアとか
マイケルシェンカーのアルバムに入ってそうな
ハードインストバラード曲。
僕はメロディのギターを担当していますが、
普通に弾くとノリ(哀愁?)が出にくいと思い、
豪さんの原曲を忠実にしつつ、チョーキングや
スライドを活かせる運指に置き換えて弾いています。
(・・・そのおかげでストレッチがきつくて
レコーディングでミス連発!!w)
中間のギターソロパートはWASi303さんが担当。
こちらも哀愁たっぷりで、WASi303さんのイメージからは
想像つかないかも?是非聞いてみてください!!

■Advantageous development(雷電IV/LEVEL5)
アレンジ担当は豪さんの奥様。
川瀬さんのドラム、豪さんのベースのドライブ感が
気持ちよい曲です。
いうなればHMR版ハイウェイスターってところかな?(笑)
ただ曲調が明るいので、メタルっぽく聞かせるのが意外と難しく、
WASi303さんはバッキングのギターをそれっぽくするために
全てダウンピッキングで弾いています
(ダウンで弾くと音が重くなるんですけど、
このテンポの曲をダウンのみで弾くのは腕がツリます)。
印象的なイントロ、メインメロディ、ギターソロパートは僕が担当。
ソロはシュラブネル系ギタリストのイメージで弾いてみました。

※こちらの曲は16SHOTSさんでの
LIVE宣伝番組放送録画中に流した
テイクが聴けます(01:01:05辺りです)
http://www.ustream.tv/recorded/21760885

■Can't retrace(雷電IV/LEVEL2)
アレンジ担当は豪さん。2バスドコドコな
ハイスピードパワーメタル曲。
豪さんもこの曲だけは珍しくピックを持って
ゴリゴリなベースを弾いてます。
僕のギターはメロディを他曲同様、
ギターらしい運指に変更し、
ギターソロパートはアンセムとか初期のXみたいな
ジャパメタっぽい感じで弾いてみました(こういうの得意です)。
バックのWASi303さんのギターと僕の弾くメロディの絡みや
なんといっても川瀬さんの迫力の2バスドラムとフィルを堪能ください。

■A stormy front(雷電IV/LEVEL1)
アレンジ担当は豪さん。僕の両手タッピングのイントロ、
曲中の豪さんのチョッパー、WASi303さんの
構築された旋律のギターソロ・・・メンバー全員の
技と個性が凝縮された「これぞHMR!!」って感じの曲です。
WASi303さんが弾くBメロやソロのトーンがまた良いんですよ。
僕はイントロ~Aメロとサビメロを担当しました。
サビメロは一部チョーキングに置き換えてますが、
指先と耳(チョーキングの音程)が鍛えられるので
ギターを弾ける人は、僕と同じ運指で
是非サビメロをコピーして欲しい!! 3倍くらいギターが上達しますよ!!

Album Stats

Avg. rating
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

Rated 4.00 by 1 person
Contained in 7 collections
Contained in 1 wish lists
Category
Game
Products represented
Raiden II, Raiden III, Raiden IV
Platforms represented
Arcade

Websites


Covers


Related Albums

No related albums found.

Added
Aug 20, 2012 12:37 PM
Edited
Nov 14, 2016 09:44 PM
Page traffic
2381 visitors
3 freedb
Page built in
0.02 seconds